TRUSTECH 2018にJINCOが出展します

ー 多機能カードの新製品をライブデモ! ー

 

 JINCO UNIVERSALは11月27日~29日フランスのパレ・デ・フェスティバルで開催される国際展示会 TRUSTECH 2018( https://www.trustech-event.com/ )に出展します。

 

JINCOの出展小間:

Booth RIV J 055 at Palais des festivals - Cannes, French Riviera

 

今回の展示会、JINCOのブースでは、下記のような新製品のライブデモを行います。

 

 1. 多機能スマートカード: 指紋認証 + BLE + ドットマトリックス・ディスプレイカード

 

<用途>

→ブロックチェーン

→Fido2

 

  ブロックチェーンなどの場合、秘密鍵はカード内部のセキュアされたエリアに格納されます。 交易ネットワークと切り離して、秘密鍵をオフラインの安全な場所に保管することが重要なので、ハードウェアウォレットの人気が高まっています。このカードは、ブロックチェーンの契約署名などのセキュリティを強化します。 BLE(Bluetooth Low Energy)は、カスタマイズされたモバイルアプリと通信し、ドックスマトリックスディスプレイによって、必要に応じてユーザ情報や口座残高などを表示することができます。FIDO2は、二要素認証の新しい標準です。このカードは、指紋、BLE、およびNFCを組み合わせて、効率的で安全なオンラインログインを提供します。

 

2. デュアルインターフェイス指紋認証・スマートカード(バッテリ搭載/非搭載)(POS機)

 

<用途>

→ID:電子パスポート、運転免許証、健康保険証

→アクセス制御:ゲート制御、保護エリア入退室、コンピュータログイン

→決済:クレジットカード、デビットカード、メトロカード

→カジノやテーマパーク:カジノのアカウントクレジットやリゾート・テーマパークのパス兼園内通貨

 

 非接触・接触のデュアルインターフェイスICを用いて、POS端末と交信できるカードです。

 

 

3. 温度センサー・スマートカード

 

 <用途>

→ワクチン

→血液サンプル           

→その他 温度変化に敏感な商品の輸送保管

 

  温度をモニタリングし、記録することにより、温度変化に敏感な商品の品質維持管理に貢献します。記録された温度データは、NFCまたはブルートゥースのいずれかで外部に送出することができ、リーダーを介してローカルまたはクラウド上に保存することができます。

 

 

4.  ブルートゥース・スマートカード

 

<用途>

→トラッキング:商品や人物の位置の特定

→金融技術:オンラインバンキング認証

→アクセスコントロール:ドアや車のキー

 

  ブルートゥース・テクノロジーを搭載したスマートカードは、アプリケーション開発およびアーキテクチャ設定のための強固なプラットフォームを提供します。

 

 

5. 指紋認証スマートカード(二次電池タイプ/バッテリーレスタイプ)

 

 <用途>

-1.8mm厚→産業機械のアクセス制御

-ST Pay(米国の決済カードに対応したセキュアIC)→クレジットカード決済

-指紋センサーモジュールは世界の主要な一流指紋センサーメーカーの製品から選択可能です

-ゴールド/シルバープレートの特別な表面加工を施したカード(下の写真)

 

 →プレステージメンバーシップカードなどに

 

 

 TRUSTECH2018に行かれましたら、ぜひ、JINCOのブース RIV J 055 にお立ち寄りくださいませ。