NFCが普及してきました

「一月行って、二月逃げて、三月去る」とはよく言ったもので、前回正月が明けた、と投稿して、気が付いたら4月も中旬になってしまいました。久々のつぶやきです。

 

最近、お客様とワンタイムパスワードカードの話をしていると、非接触通信であるNFC(Near Field Communication 近距離通信)の機能を付加したハイブリッドカードを使いたい、というご要望をよく伺うようになりました。

 

NFC用のチップとしては、日本でもSuica, PASMO, Edyなどで使われてお馴染みのソニーのFeliCaや、世界的に普及しているフィリップス(現・NXP)のMifareなどが有名です。

 

日本国内はFeliCaの独壇場で、これまではリーダーライター等もFeliCaにしか対応しないことが多かったのですが、今はAndroid OS、iOSでもiPhone6以降、スマホがNFC対応となり、その他のリーダーライターも急速にNFC対応型に置き換わってきています。

 

NFC機能を使って、スマートキーカードで入退室管理をしたい、更に高セキュリティゾーンへの入退室あるいはクリティカルなシステムログオンにワンタイムパスワード(OTP)を用いたい、その場合、クレジットカード大のカード一枚で済んでしまうOTP+NFCのハイブリッドカードが注目されてきているのです。

 

JINCOは元々RFID(Radio Frequency IDentifier 非接触通信での情報の読み書き)の分野では、台湾におけるパイオニアとして、台北MRTの悠遊卡(Easy Card)の開発にも携わってきました。その経験と知見を活かしたOTP+NFCのハイブリッドカードをご提供できるのが強みです。